アシテア®服用で大切なこと

副作用について

主な副作用

アシテア®服用後、次のような副作用があらわれる可能性があります。

  • のどの刺激感
  • 口の中の腫れ
  • 口や耳のかゆみ などの症状

特に服用初日に、のどの刺激感や口のかゆみが多く報告されていることから、症状の発現には注意してください。
また、増量期において、口の中の腫れ、のどの腫れ、吐き気、消化不良などの症状があらわれた場合は、医師に相談してください。

服用後、特に気をつけること

アシテア®は、アレルゲンを体内に入れるため、まれにアナフィラキシーという、重いアレルギー症状があらわれることがあります。
アシテア®の服用後30分間、服用開始初期は、次のような症状に注意してください。
症状があらわれた場合は、直ちに医療機関を受診してください。

アナフィラキシーの前兆症状

(お薬を服用してから30分以内にあらわれることが多い)

  • 皮膚のかゆみ、じんま疹、紅斑・皮膚の発赤等
  • 胃痛、吐き気、嘔吐、下痢等
  • 視覚の異常、視野が狭くなる等
  • 咳、声のかすれ、鼻がつまる、くしゃみ、のどのかゆみ、胸のしめつけ感、息苦しさ、喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒューという呼吸音)、チアノーゼ(皮膚や粘膜が青紫色になる)等
  • 脈が速くなる、不整脈、血圧が下がる等
  • 不安、恐怖感、意識がぼんやりする等

特に緊急性の高いアレルギー症状が出た場合

下記のような症状が一つでも当てはまる場合、救急車を呼ぶなど迅速な対応が必要です。ご家族の方も注意してください。

循環器の症状:脈が速くなる、不整脈、血圧が下がる

呼吸器の症状:咳、声のかすれ、鼻がつまる、くしゃみ、のどのかゆみ、胸のしめつけ感、息苦しさ、喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒューという呼吸音)、チアノーゼ(皮膚や粘膜が青紫色になる)

消化器の症状:胃痛、吐き気、嘔吐、下痢

その他の症状:意識がぼんやりする

アナフィラキシーを重症化、増幅させる因子

合併症、飲酒、服用しているお薬によっては、重度または命にかかわるアナフィラキシー発現に関与する可能性があります。

運動精神的ストレスなどもアナフィラキシーを増幅させる可能性があります。

お薬を服用する際には、
上記の点に注意して服用するようにしましょう。